高級ブランド腕時計専門店、販売・買取、通販も |MONTAGNE モンテーヌ 名古屋
モンテーヌロゴ
Japan. Tax-Free Shop
ショッピングカート
新規会員登録
電話番号 / 052-242-8688
トップページ インフォメーション 各種サービス 実店舗情報 お問い合せ マイページ
ログイン
商品検索
商品を検索する


ABOUT HUBLOT

ウブロについて

1980年創業。時計業界の歴史では初めて、ゴールドのケースとラバーベルトとを組み合わせた腕時計でバーゼルワールド(スイス・バーゼルにて毎年開催される世界最大の時計の見本市)でデビュー。
当初スイスの時計業界からは異端扱いされたものの、イタリアのファッション界で受け入れられたのを皮切りにヨーロッパの王族などへ次第に支持を広げていきます。


そして2005年のバーゼルワールドにて「ビッグバン」発表。前年比400%という驚異の受注を取り付けました。また、F1、FIFAワールドカップ、UEFA EUROの公式タイムキーパーも担当しています。
日本代表の香川や長友など、サッカー選手に愛用者が多いのはワールドカップで採用されたことが影響しているのでしょうか。
あのマラドーナもウブロの愛用者で、なんと両腕にしていたというから驚きです。

その他にも、ペレやウサイン・ボルトなどの著名人、マンチェスター・ユナイテッドやダラス・カウボーイズ といった名門チーム、蜷川実花やジェイZといったアーティストともコラボレーションしています。


ウブロの魅力は、無骨なデザインの中に奇抜さとエレガントさを感じさせるところです。 そして、そのバリエーションの多さもまた魅力の一つでしょう。
腕時計とは誰もが知っているモデルが欲しくなる衝動と同時に、他の誰とも被りたくないという思いが同居する。
誰もが知っていて憧れるモデルであれば、自分以外にも身につけている人と出会う確率が高まる。
かといってあまり知名度がなさすぎるのもどこか寂しさを感じる。
ウブロは、そんな自分の個性を打ち出すのに持ってこいのブランドです。

ジャン=クロード・ビバー


1949年ルクセンブルグ生まれ。幼少期にスイスに移住。大学卒業後、玩具メーカーに就職。
その後オーデマ ピゲに入社し、時計業界でのキャリアが始まる。83年にブランパンを再興。
9年後にスウォッチ グループに売却し、同グループの役員に。2004年にウブロに入社。
2012年より会長職となり、2014年よりフランスの高級ブランドグループ、 LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)のウォッチ&ジュエリー部門を指揮することになりました。

モデル紹介


ビッグバン
2005年に登場し、ウブロの代名詞になった「ビッグバン」。“フュージョン(融合)”を掲げたモデルに相応しく、ベゼルにはセラミック、ケースサイドにはグラスファイバーを使用。ケースを複数の部品で構成する、「サンドウィッチ構造」というアイデアを組み込んだことにより、素材の変更を自在にできるようになりました。
アエロバン
ウブロのラインナップでも、スケルトン文字盤の代名詞でもある「アエロバン」。まるで空気がケース内を自由に通っているかのようなスタイリッシュなケースが、時計全体に軽快な印象を与えます。歯車のメカニカルな動きやカレンダーディスクが回る動きなど、目でも楽しませてくれる要素が満載の時計です。
ビッグバン ウニコ
フライバック機能を持つ、ウブロ自慢の自社製クロノグラフ・ムーブメント「ウニコ」を搭載。従来のビッグバンより直径が1mm拡大したケースは、チタン素材にセラミックベゼルを組み合わせ、軽量かつ強靭。インデックスもルミノバ部分をくり抜いた造作にしてスポーティー感を増しています。ワンタッチでストラップ交換が出来る点も見逃せません。
アエロフュージョン
ウブロらしい斬新でスポーティな「アエロフュージョン」は、サテンとポリッシュが効果的に使い分けされ、時計全体から高級感が漂います。ビッグバンシリーズよりも1mm大きいケース径ですが、全体がチタニウム製なので見た目よりもとても軽い時計です。
スピリット オブ ビッグバン
ビッグバン初のトノー型ケースに、ハイビート・クロノグラフの名機「エル・プリメロ」を搭載。ビッグバンを特徴づけるディテールはしっかりと健在しています。ケース素材はチタニウムの他、通常のレッドゴールドよりも赤みが強く退色しにくい“キングゴールド”のモデルもラインナップに。
クラシック フュージョン
ウブロ伝統の美しいラインを持つ「クラシック・フュージョン」コレクション。スポーツウォッチなのにフォーマルな装いにもフィットする、スポーツドレスウォッチです。
オーシャノグラフィック
厚さ6.5mmのガラスとヘリウムガス・エスケープバルブを備えたことにより、腕時計では世界初の4000m防水を実現。
ビッグバン キング
ラインナップの中でも、最大のケース径48mmという絶大な存在感を放つ「ビッグバンキング」。300m防水、逆回転防止ベゼルを備えたダイバーズモデルでもあります。
キングパワー ウニコ
48mmサイズの躍動感あふれる「キングパワー」。マラドーナやウサイン・ボルトなど、スポーツ界の著名人とコラボした限定モデルが多数登場。
オールブラック
2006年に発表され、世界中に“黒い時計”の大ブームをもたらした「オールブラック」。「インビジブル・ビジビリティ(見えない可視性)」を強調しています。
ブラックマジック
ブラックセラミックのケースにシルバーの針とインデックスが映える、ウブロの人気シリーズ「ブラックマジック」。インデックスの先は斜めにカットされ、光が反射して視認性も良好です。
カーボン
製造に高度な技術を要するフルカーボンファイバーのケースは、腕に着けているのを忘れるほどの超軽量さです。
トゥッティフルッティ
「トゥッティフルッティ」は、カラフルなフルーツをデザインソースにしたレディースコレクション。画像は上品なピンクと、黒の美しさを融合させた「ブラックローズ」。
フェラーリ
2011年にフェラーリとパートナーシップを結んで登場した「ビッグバン フェラーリ」。文字盤にはイエローとレッドをあしらい、跳ね馬のレリーフも配置。
エボリューション
2008年にデザインを手直した「ビッグバン エボリューション」。インデックスをバーに改め、より立体感のあるクラシカルなモデルにリニューアルしています。
数多くのコラボモデル
ウブロは多くの著名人や観光地とコラボレーションしたモデルを世に送り出しております。画像はスイスのリゾート地で有名な「サンモリッツ」とのコラボモデル。
サッカーとの密接な関係
ワールドカップの公式ウォッチメーカーであるウブロはフットボールとの関係も深い。画像はメキシコ代表のロゴが入った「アエロバン メキシコ」。
様々なモチーフ
ウブロはヘビ柄、ゼブラ柄、豹柄など様々なモチーフを意欲的に採用しています。画像はジーンズをモチーフにデザインされた「ビッグバン ジーンズ」。
- FUSION -

ウブロのコンセプトのひとつがフュージョン(融合)。
そのコンセプトを最も感じることが出来るのが、サンドウィッチ構造によって、様々な素材を組み合わせたモデルを数多く世に送り出している「ビッグバン」。
2005年に発表されて後、瞬く間に成功を収めましたが、ビバー氏の描く概念では地球上すべてのモノを融合する対象と見なしています。

- FOOTBALL -

ワールドカップや欧州選手権などの公式ウォッチメーカーをウブロは務めています。
選手交代やロスタイム表示の際に、ビッグバンを模したレフリーボードを、観客やテレビの前にいる世界中のサッカーファンが目にしています。
その宣伝効果はすさまじいものがありますが、誰もやっていなかったから価値があるのではないでしょうか。

- CHARITY -

社会貢献もウブロの大切なDNAのひとつであり、チャリティー活動にも積極的です。
ウブロユーザーには社会的リーダーや著名人が多く、彼らもチャリティー活動に熱心であるため、両者の結びつきをより一層強固なものにしています。

- MOTOR SPORT -

1950年にF1世界選手権が開始されて以降、レースに参加し続けてきた唯一のメーカーがフェラーリ。
選ばれし人しか手に入れられないが、世界中の誰もが知るメジャーな存在。
F1の公式時計を担当するウブロは、その相反する立場を実現しようと、2011年にフェラーリとパートナーシップ契約を締結し、コラボモデルも制作しました。

カテゴリーページへ